いい加減な引っ越し会社

私が引っ越しをするきっかけは、結婚をしたからでした。

 

ただバツイチ子持ちの私が再婚をしての引っ越しだったので、子供の小学校や幼稚園はそのままにしたかったため、同じ地区内での引っ越しでした。

 

学区は変えず、数キロ先への移動となったので、必要最低限の段ボールを引っ越し業者さんにお願いして自分たちで運べるものは運ぶ、というスタイルで実際に引っ越しました。

 

引っ越し業者の方から頂いた段ボールを運んでもらうことと、大型で自分たちでは運べない冷蔵庫やエアコン、洗濯機や食器棚を業者にお願いして金額は3万円程度でした。

 

業者さんは不動産会社に紹介された会社にお願いすることにしたのですが、その引っ越し業者の方がすごくいい加減で不安だったのを覚えています。

 

エアコンの設置は他の会社に委託しているようだったのですが、設置料が引っ越し代金に含まれていないようで少しトラブルになりました。

 

委託された会社の方は、引っ越し代金に含まれていないと聞いていたそうで、別途設置台を要求され、旦那は大激怒!

 

委託された会社の方も、ここの引っ越し会社ではよくあることで私たちもお客さんの不満そうな顔を見るのが嫌、という話をしてくださり引っ越し会社に電話までして対応してくださいました。

 

大型の荷物を運ぶ際にも、少し雑な感じがしていましたが、ここまでいい加減だとは思いませんでした。

 

スタッフの人も愛想が悪く、荷物もそんなになかったのですが作業も半日以上かかり、不満だらけでした。

 

最後にクレームのようになってしまいますが、電話でこのことを伝えたら謝罪も適当で本当にびっくりしました。

 

別途かかったお金もかなりの額だったので、これなら他に見積もりした会社(サカイ引越センター)にお願いした方が良かったな、と家族で話をしたのを覚えています。

 

これからまた引っ越しの機会がある時は金額の面でしっかり内容を把握することと口コミや評判などを事前に知っておく必要があるんだな、と思いました。

荷物を減らして長距離の引っ越し

2年ほど前に神奈川県川崎市から山口県山口市に長距離引っ越しをしました。

 

それまでの人生でここまでの長距離の引っ越しをした経験がなかったので、一体いくらぐらいの費用がかかるのか、何日ぐらいかかるのか、荷物は安全に届けてくれるのかなど、いろいろと心配なことがありましたが、無事に満足のいく引っ越しができました。

 

まず、引っ越しの見積もりをお願いする前に、荷物をなるべく減らすことを徹底しました。

 

不要なものはどんどん処分しましょう。

 

いらない物や本、とにかく何でもリサイクルショップに持って行きました。

 

さらに、長年使っていた家具や家電をこの引っ越しを機にすべて買い替えることにしました。

 

具体的には冷蔵庫、洗濯機、炊飯器、古いベッド、ガスコンロです。

 

これらをすべて購入時に引っ越し先に届けてもらうことで引っ越しする荷物からは除外されます。

 

その分、小さいトラックにできて少しでも安くなるのではないかと考えたからです。

 

我が家は大人2人、猫1頭暮らしでした。

 

猫タワーなどの猫グッズが結構あったのですが、もともと荷物が多い暮らしはしていなかったので、単身用のトラックで収めることができました。

 

結局、費用は18万円でした。

 

即決してくれたら値引きしますよと言ってくれてのこの金額ですので、後日お願いしていたらもう少し高くなっていたかもしれません。

 

しかし、他の業者さんからは40万近くかかるとも言われたので、それでも安く感じます。

 

長距離の引っ越しをするなら大手の会社が良いかと思います。

 

荷物の安全保障もしっかりされていて、全国に展開されているのでトラックが常に行き来しています。

 

スムーズに荷物を運ぶことができ、スタッフさんの宿泊費などもかからず結果的に安くなるそうです。

 

小規模の会社だと、途中から電車で荷物を運ぶこともあり、トラックから電車、またトラックに移動することで荷物の運搬回数が増え、破損などが心配です。

 

運ぶスタッフさんの交代ができないとその方の人件費、宿泊費なども余計にかかってきます。

 

必ず何社かの見積もりをお願いして、その会社のことや、運搬方法などをしっかり聞いて確認することをおすすめします。

 

引っ越し日時も大安や土日を希望しなければちょっと安かったりします。

 

仏滅などのあまり良くない日とされている日でも特に気にしないのであればあえてその日に決めるのも良いかと思います。

 

荷物の到着は翌々日でした。

 

なので、何もなくなった部屋にそのまま一泊して翌日移動し、新居でまた何もない部屋で何とか過ごして、その翌日に荷物を迎えました。

 

猫がいるためホテルに泊まるということもできずに、この方法を取りました。

 

荷物が届かない日に必要な着替えやタオル、日用品などは前もって宅配便で指定して新居に届くようにしていました。

 

このように、荷物がない状態での生活のことも考えないといけなかったところが少し大変でしたが、何事も問題なく、無事に引っ越しを終えることができました。

 

また、いつか引っ越しをするかもしれません。

 

その時も今回の経験を活かしたいと思います。

 

荷物を少なくすることで引っ越しは安く、楽にできると思います。普段からあまり物を溜め込まない生活を心掛けています。